読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教授と髭の一年

大学生の時の第二外国語のクラスの教授が、立派な髭を生やしていました。出会ったときは全然髭など生やしていなかったのに、一年の間に会うたびに髭が伸びていきました。

最初は鼻の下に少し生えている程度でしたが、だんだん口周りにも広がっていき、顎を覆い隠し、最後には頬から耳の下まで繋がりました。いったい教授に何があったのか聞きたかったのですが、聞く勇気がありませんでした。髭を生やしたお陰で威厳が増しましたが、実年齢より老けて見えました。髭には白髪が混じっていて、所々白くなっていました。

一般企業だと男性は髭を伸ばすのにも限度がありますが、大学教授だったので、その辺りは自由だったのでしょう。年度の終わりには、まるで熊のようになっていました。でも、目は優しい感じで、性格もきつくないので、見た目はそれほど怖くありません。ただ、日本であまり髭を伸ばしている男性はいないので、見るとそれなりに驚きます。

教授の授業を受けたのは一年ほどだったので、その後はどうなったかわかりません。あれ以上は伸ばせないと思いますが、もし伸びていたら少し見てみたい気もします。その後の人生では、教授ほど髭が伸びた男性には出会ったことがありません。