読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画ボーイ・ソプラノただひとつの歌声を観た事について

最近洋画でボーイ・ソプラノただひとつの歌声と言う映画が放送されていまして面白そうだなと思ったので観てみる事にしました。
早速ですがこちらの映画主に名門少年合唱団を舞台にした内容になっています。
ここでは主役となるのがステットと言う男の子なのですが、この子家庭環境がとても複雑な感じで要は間違ってできてしまった子供と言う事で父親は別の家庭を持っており母親との二人暮らしをしています。
ですが何とも悲しい事に母親はある日事故を起こして亡くなってしまいそれで父親の元へ渡される事に、ですが父親は家族を持っている事でそれを拒み養子に出そうとしてしまいます。
さすがにそれはとそこで元々歌が得意でとても綺麗な声を出す才能があった事でその名門少年合唱団に入学させる事を先生が提案します。
そしてそれに納得しそれからステットはその学校に入学する事に、でもまず基礎の基礎と言う楽譜が読めなかったりする事で歌についていけずまたその他にも色々なトラブルがそういった事もあり仲間とも馴染めず孤立した状態になってしまいます。
でもその内の一人の子がステットに力をかしてくれる事になりそこからなんとか歌もついていけるようにそして徐々にその才能が発揮され周りからも認められるようになっていきます。
それでついにステットは大勢の人の前で歌う事に、それで成功させます。
本当綺麗な歌声で聞き入ってしまいましたね、でもこの声もいつまでも続く訳でもなくステットにも声代わりが来る時が、それで学校を辞める事を決意しそしてこれから先の事も自分で決め進もうとしていたそんな矢先の事です。
何んと来るはずのない父親が迎えに来ていたのです。
これにはとても感動しましたね、最初は受け入れる気等全くと言っていい位なかったはずが色々な事から心が揺らぎ最終的には良い結果にこれには親子の絆を感じましたね。