読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒゲはお洒落アイテムとしてはハードルが高いのかも

確か、ヒゲって「たくわえる」って言う言い方をするんでしたよね。

でも、鼻の下に少しだけのちょびヒゲなんかは、「たくわえる」っていうのとはちょっと違う気もします。沢山モサモサッと頬から顎に掛けて生やしているような感じのヒゲなら「たくわえる」って言う感じがします。

最近は、髭を伸ばしている男の人を、あまり見掛けなくなったように思います。

ヒゲと言えば、思い出すのは昔のお札に乗っていた伊藤博文ですが、あんな感じのヒゲを生やしている人は、殆ど居ないですよね。

いや、たまに高齢の方でいるのかな?

男性も無駄毛を気にして脱毛するような時代ですから、ヒゲもほぼほぼ無駄毛庄かいになってしまっているのかもしれませんね。

だいたい、ヒゲがを生やしていたら、その分お手入れする箇所が増えますし、手入れされてないヒゲは、物凄く不潔な感じがしますもんね。

口ヒゲなんて、食べ物や飲み物がしょっちゅう引っ付きそうですし、そう考えるとちょっと嫌かも。

お洒落で凛々しい感じに見えれば、プラスになるのかもしれませんけど、そうなるためには、ヒゲをファッションアイテムとして考えるには、かなりハードルが高そうです。

そういう意味で、若い人のヒゲ度が減っているのかもしれませんね。