読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

育児の隙間時間でも少しずつ進む多様な物語

日記

趣味は読書です。
読書が面白いと感じられるようになったのは、高校への通学がキッカケでした。自宅から高校まではバスで30分、電車で30分という1時間の道のりでした。初めの頃は外を眺めたり居眠りをしたりしていたのですが、徐々に暇をもて余すようになりました。そこで、家の本棚から楽しそうなタイトルの本や、聞いたことがあるタイトルの本を借りて読むようになりました。初めの頃は読みながら居眠りすることも多かったのですが、シャーロック・ホームズシリーズを読み出してからは居眠りをすることも無くなりました。むしろ、どんどん先を読みたくなり通学時間だけでなく、夜寝る前などにと読むようになりました。
それからは、自分で本屋へ行きタイトルから選んだり、書き出しを読んで自分で面白そうな本を選ぶようになりました。親の本を借りていた私が逆に親に貸すようにもなりました。
就職してからも通勤や休憩時間に読んだり、仕事の帰りに本屋で面白そうな本を探していました。しかし、結婚し出産してからは本に対する向き合いかたが変わりました。それまではホラーやミステリー、冒険小説などを読んでいたのが、育児に関係しそうな本や子供向けの本を買いはじめました。子供と一緒に読んだり、育児について勉強したりしました。
そして今、子供が大きくなってきたので、再びミステリー小説などを読み始めました。色々な本から色々な知識を貰っています。