読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康を考えて歩くことが増えましたが・・・

日記

若い頃は、玄関ー車ー玄関という生活をしていました。
車社会だった地方から公共交通機関が発達している地域に引っ越したことや
自分自身の運転技術の低さなどもあり、すっかりペーパードライバーになって
もう数年が経ちました。自転車を利用するには不便な場所なこともあり
普段の買い物などは歩いて済ませるようになりましたが、ただ歩くだけで
色々思うことがあり、車(バイク)と自転車、歩行者の共生というものの難しさを感じることが増えました。
もともと、自転車道が整備されているわけではない上に
車道を走れば一台の自転車が渋滞の原因になってしまうような
道路も少なくないし、歩行者優先で歩道の走行が認められていても
勘違いをして自転車で歩道を爆走する人というのも後を絶たないし、
歩道を歩いていて自転車に轢かれそうになることの多さに驚愕しています。
もしかしたら、私の住んでいる地域の自転車マナーが
極端に悪いだけなのかもしれないけれど…。
ベルを鳴らして歩行者を避けさせて我が道を行く自転車って何なんでしょうね。
そこで一言「すいません」や「ありがとうございます」とでも
添えれば印象も全然違うのに、
自分だけが急いでいて真ん中を通る権利があるとでも言わんばかりです。
更には、歩道を走るバイクなんて論外なんですが、案外いるし、
歩行者ってどこまで弱い存在なのかと思い知らされます。